HOME

プロフェッショナル集団が経営インフラの構築をサポートします

公認会計士 中村岳広事務所は、大手監査法人、コンサルティング会社で多様な経験を持つ公認会計士と連携し、クライアントとともに前向きにビジネスを展開することをモットーとしております。

サービスライン

わたし達は、クライアントとのコミュニケーションを重視し、監査業務だけでなく、財務調査やコンサルティング等、多様な業務経験をもつスタッフを擁しクライアントの経営インフラの構築、改善を実現することを基本理念としております。

監査

クライアントの属する業種・業界の特徴や最新の動向について専門的な実務経験・教育研修を積んだスペシャリストが監査を担当します。これにより、クライアントのビジネスや事業環境をよく理解し、かつ最先端の知識を有するスタッフによる適切なアドバイスと高品質な監査を提供します。

財務調査

高品質で厳格な財務調査により、的確で透明性の高い業務支援を実施します。それが、クライアントが適切な経営判断と社会から評価される経営を実現するために、真のビジネスパートナーが果たすべき役割であると確信しているからです。

内部統制支援

財務諸表・財務報告の信頼性を確保する仕組みとしての内部統制が注目される中、財務報告に係る内部統制の構築支援・評価支援の実務経験・教育研修を積んだスペシャリストによる各段階における支援サービスを提供します。これにより、企業経営の透明性及び企業価値の向上を支援致します。

連結支援管理

連結財務諸表のみならず、各企業が経営による意思判断のため任意に行う管理会計においても、グループ全体としての数値を把握したいという「管理連結」のニーズが高まってきている中、連結グループ管理を視野においた連結経営体制の構築を支援致します。

決算合理化(早期化)支援

投資家保護のため企業の業績を短期的に開示する必要性が高まる中、これまで以上に精度の高い財務情報を適時に開示することが上場企業の責務となっています。業務プロセスの見直し・システム化等によるより一層の決算の合理化による早期化を支援いたします。

IT監査

コンプライアンスの重要性が高まると同時に、ITに関わる諸活動に対する監査の重要性が飛躍的に高まりつつあります。法的・社会的要請への対応と継続的な経営貢献度の向上に向け、実行性の高い業務支援を実施します。

不正調査

近年、上場会社の粉飾決算や従業員による横領等の不正事件の発覚に際し、 弁護士・公認会計士等の外部の専門家や有識者を構成員とする外部調査委員会を組成し、当該委員会による調査結果を対外的に公表するという実務的対応が定着しつつあります。

社会の信頼を維持・回復のため、外部の専門家として発覚した事実の徹底解明を行い、外部調査委員会としてその調査結果を適時に開示することを支援致します。 また、不正が発生しない会社の体制づくりの支援・不正発生の有無の調査も行っております。

公認会計士 中村岳広


1972年生まれ
2005年公認会計士登録
登録番号19925
連絡先E-mail:takehiro.nakamura.office@gmail.com

略歴

上場企業の監査業務のほか、IT監査、上場企業の内部統制整備支援をはじめ、日系企業の中国法人の財務調査など各種アドバイザリーサービスの提供経験を有する。
会計士業の傍ら、『千日太郎』のペンネームで、ダイヤモンド社のマネー系サイト、ザイ・オンラインで「住宅ローンの正しい選び方」を連載し、GoogleのニュースTOPIXにもしばしば掲載、各種のニュースサイトへの寄稿の他、著書の執筆など幅広く行っている。

著書

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。